小顔プラス(KogaO+)の本音口コミ!【実際に使ってみた】

KogaO+ 口コミ

最近気になりだした顔の大きさ。小顔ローラーを使ってもなかなか効果なしで悩んでいました。

 

それをバイトで仲の良い女性の同僚に相談したら、小顔プラス(KogaO+)という商品を勧められました。インスタで小顔女子たちは皆使っているらしい。

 

同僚にお試しで一枚もらったので使用してみたんですけど、思いのほか良くて、これを使い続けると効果ありそうと思えたので購入を決めました。

 

女性の同僚も使用しているため、小顔プラス(KogaO+)の購入者層は当然女性の方が多いと思うんですけど、実は自分のように男性の方でも顔が大きくてなんとかしたいと思ってる方って少なくないと思います。

 

そんな小顔に悩んでいるあなたに向けて、ぼくが小顔プラス(KogaO+)を試した体験談をお伝えしていきます。

 

 

 

小顔プラス(KogaO+)のリアル体験談!10代男性の本音口コミ

10代のぼくが購入した小顔プラス(KogaO+)。ここからは実際に購入して開封して使用するまでの流れから使用してみての効果や思ったことなどを余すこと無く口コミレビューします。

 

【PR】
KogaO+の口コミを鵜呑みにするな!小顔効果なしって本当?

 

小顔プラス(KogaO+)を実際に購入してみた

同僚からは買うなら公式通販サイトと聞いていたのですが、もっと安いところがあるんじゃないかと探してみたんですけど、たしかに小顔プラス(KogaO+)の最安値販売店はいまのところ公式通販サイトでした。
公式通販サイトにも通販限定商品だと記載されており、ドラッグストアや薬局など実店舗での販売はないようです。それにぼくが閲覧した時点では、公式通販サイトでは無料モニターキャンペーンというお得なキャンペーンをやっていたので、ちょうどいいタイミングで買えました。

 

実質無料でお試しできるなら安心ですね。

 

ぼくは同僚からすでにお試しさせてもらったのですけど、身近に小顔プラス(KogaO+)を持っている人がいない場合だと本当に小顔プラス(KogaO+)は使って効果あるのか不安でしょうから気軽にお試しできる無料モニターキャンペーンを逃すのは勿体無いです。

 

さて、公式通販サイトで注文してからどのくらいで家に届いたのかというと2日後。
小顔プラス(KogaO+)は結構スピーディーに配達してくれました。

 

こんな感じで見た目は結構女性向けっぽいですが、通販なので気になりません。

 

それでは早速開封していきましょう。小顔プラス(KogaO+)の気になる使用感についても書いていきますよ。

 

 

いざ開封!!

 

小顔プラス(KogaO+)は美容液が漏れない点が優れています。
スキンケアマスクを使用したことのある方は経験あると思いますが、スキンケアマスクは美容液で浸してあるので、装着するまでにポタポタと美容液が漏れるというか垂れ落ちてしまうんですよね。だから装着するときは洗面所とかで着けるんですけど、この小顔プラス(KogaO+)なら美容液が漏れないのでどこでも装着できるんです。

 

その秘密は美容液成分をジェル状にしてあるからなんです。

 

だから美容液が漏れることなく、そして顔にしっかりと吸着するように作られているんです。

 

このあたりの説明は同僚からの受け売りですが、実際に使ってみてぼくも同じことを思いました。

 

小顔プラス(KogaO+)は使いやすいように開発されたのだなと実感できました。

 

 

さて、小顔プラス(KogaO+)を開封すると前述したとおりジェル状になっています。

 

ゼリーのようにぷるぷるで美容効果も期待できそう。

 

小顔プラス(KogaO+)を装着する際には、小顔になれるように顔をキュッと引き締めて貼るようにします。慣れていないとちょっと苦労するかも。スキンケアマスク経験者なら液が垂れない分楽に貼れると思います。

 

 

そこから約30分放置します。

 

ついつい時間を忘れてしまいがちなので、スマホのアラームを設定しておきましょう。

 

 

 

小顔プラス(KogaO+)を実際に使用してみた結果は!?

 

 

お!?少し顔が引き締まったように感じます。

 

鏡でもチェックしてみましたが、明らかに今までとちょっと違うということがわかります。普段見慣れた自分の顔に違和感を覚えるくらいなので、確実に変化はしているのだと思います。

 

個人差があるので一回では変化を感じない方もいるかもしれませんが、一ヶ月、三ヶ月、半年と使い続けることによって、徐々に変化を感じる方も多いみたいです。

 

諦めずに使い続けるのが一番効果的なんでしょうね。

 

せっかくなのでぼくもしばらく使い続けて、小顔男子を目指していきたいと思います(笑)

 

 

↓今なら無料キャンペーン中!↓

 


肌にダメージが残ってしまったときは…。

あこがれの美肌を実現するのに必要となるのは、入念なスキンケアだけじゃありません。きれいな肌をものにする為に、栄養満載の食事を心がけましょう。
皮脂の出る量が多量だからと言って、毎日の洗顔をし過ぎてしまいますと、皮膚を守るために欠かせない皮脂も一緒に洗い流してしまって、これまで以上に毛穴の汚れがひどくなります。
常に血液循環が滑らかでない人は、ぬるめのお湯で半身浴をすることで血の巡りをよくしましょう。体内の血行がスムーズになれば、肌の新陳代謝も活性化されますので、シミ予防にも効果的です。
スキンケアに関しては、割高な化粧品を入手すれば問題ないというのは誤った見解です。ご自身の肌が現在渇望する栄養成分を補ってやることが最も重要なのです。
便秘症になると、老廃物を出すことが不可能になって、腸の内部に滞留することになるため、血液を通って老廃物が体全体を駆け巡り、ニキビや赤みなどの肌荒れを引き起こすわけです。
特にケアしてこなければ、40歳以上になってからじわじわとしわが増加するのは当たり前のことでしょう。シミができるのを阻止するには、平生からの取り組みが必要不可欠です。
スッピンのというふうな日だとしましても、皮膚には黒ずんだ過酸化脂質や多量の汗やゴミなどがついているので、きちんと洗顔を行うことで、くすみの要因となる毛穴の黒ずみなどを洗い落としましょう。
30〜40代になるとできやすいと言われる「左右の頬にまだらに広がる肝斑」は、一般的なシミと誤解されがちですが、アザのひとつだということはあまり知られていません。治療の進め方も全く異なりますので、注意するようにしてください。
なめらかでハリ感のあるきめ細かい肌を保っていくために必要不可欠なのは、高級な化粧品などではなく、たとえ簡素でも適切なやり方でコツコツとスキンケアを続けることです。
紫外線は肌の弾力を奪い、シミ・しわを作る要因になるゆえ、それらをブロックしてフレッシュな肌を持続させるためにも、紫外線防止剤を利用することが不可欠です。
敏感肌に悩んでいる方は、メイクの仕方に注意しなければいけません。ファンデーションなんかと比べて、クレンジングが肌に悪い影響をもたらす場合が多いと言われているため、ベースメイクのやりすぎは控えるようにしましょう。
市販の美白化粧品は医薬品ではありませんので、使ったからと言って短いスパンで肌の色合いが白く変化することはほとんどないと考えるべきです。長期にわたってお手入れしていくことが必要です。
30〜40代にさしかかっても、まわりがあこがれるようなツヤ肌を維持している方は、やはり努力をしています。殊に重点を置きたいのが、朝夕の念入りな洗顔なのです。
肌にダメージが残ってしまったときは、メイクをするのをちょっとの間お休みするようにしましょう。さらに敏感肌でも使える基礎化粧品を用いて、じっくりケアをして肌荒れをきちっと治すよう心がけましょう。
入浴中にタオルを使用して肌を力任せに洗うと、皮膚膜が減って肌内部に含まれていた水分が失せてしまいます。お風呂で体を洗浄するときは、乾燥肌を回避するためにもマイルドに擦ることが大切です。

しわが目立つと言うことは…。

頭皮マッサージを行うと頭部の血の巡りが円滑になりますので、抜け毛又は薄毛などを阻止することができるだけではなく、しわの誕生を阻止する効果までもたらされるとのことです。
髪のお手入れに使うシャンプー・トリートメントと体を洗うのに利用するボディソープは、同じシリーズの商品を揃える方が間違いありません。それぞれ違う香りの商品を使用してしまうと、それぞれの匂い同士が交錯してしまいます。
ファンデーションを塗るのに使う化粧用のスポンジは、定期的にお手入れするか短いスパンで交換することをルールにすると良いと思います。汚れたものを使うと雑菌が繁殖するようになり、肌荒れの主因になる可能性があります。
美白化粧品を利用して肌をケアしていくのは、あこがれの美肌を作るのに優れた効き目がありますが、そっちに力を入れる前に日に焼けないよう紫外線対策をきちっと行うことが大切です。
10代の思春期に悩まされるニキビとは性質が異なり、成人して以降に繰り返すニキビに関しては、肌の色素沈着や陥没した跡が残る確率が高くなるため、さらに地道なケアが大切となります。
栄養バランスの良い食生活や良質な睡眠を意識するなど、ライフスタイルの改善に着手することは、何と言ってもコスパに優れていて、ばっちり効果を実感することができるスキンケア方法と言えます。
アイラインなどのポイントメイクは、簡単に洗顔するのみでは落とし切ることは不可能です。そのため、専用のリムーバーを駆使して、確実に洗い流すことが理想の美肌への近道と言えます。
一年通して降り注ぐ紫外線は肌の弾性を奪い、シミ・しわを作る元になり得ますので、それらを防いでハリツヤのある肌をキープするためにも、皮膚にサンスクリーン剤を使用することをおすすめします。
コンシーラーやファンデなどのメイク用品を上手に使えば、ニキビの跡を手軽にカバーすることも可能ではありますが、本当の美肌になりたいと望むなら、もとよりニキビを作らないよう意識することが大切です。
敏感肌に悩まされている方は、自分の肌に合った基礎化粧品に出会うまでが苦労するわけです。そうであってもお手入れをサボれば、より肌荒れがひどくなるので、腰を据えてリサーチしましょう。
しわが目立つと言うことは、肌の弾力が減少し、肌についた溝が元の状態に戻らなくなってしまったということだと解してください。肌の弾力を改善するためにも、食事スタイルを見直してみましょう。
年齢を経るにつれて、必然的に発生してしまうのがシミだと言えます。それでも辛抱強くコツコツとお手入れすることによって、顔のシミもだんだんと改善していくことが可能でしょう。
普段から乾燥肌に苦悩している人がつい見落としやすいのが、体の水分が足りていないことです。いくら化粧水を用いて保湿し続けても、水分摂取量が足りない状態だと肌に潤いを感じられません。
ボディソープをセレクトする際の重要ポイントは、使用感がマイルドかどうかということです。毎日入浴する日本人の場合、そうではない人に比べて取り立てて肌が汚れたりしませんので、過剰な洗浄パワーは無用だと言えます。
誰もが羨むような体の内側から輝く美肌になりたいと願うなら、まずは質の良い生活を心がけることが大事なポイントです。値段の高い化粧品よりも生活習慣を検証してみてください。